1. 目 的

 経済・社会環境が大きく変化する中で、企業と地域社会の次代を担う青年経済人が互いに交流と連携の輪を拡げ、企業の発展と豊かな地域社会の形成に果たす商工会議所の役割を認識し、その実現のために青年経済人として何をすべきかを研究し研鑽することを目的とする。

2. 日本商工会議所青年部スローガン

 

Change the world, passion of YEG

〜われらが未来の指標のために、今!!〜

3. 東北ブロック商工会議所青年部スローガン

 

つながる情熱 つなぐ未来

~YEGのつながりが 東北を照らす “光”となる~

 

4. 開催地テーマ

<大会趣旨>

 世界や日本が前提としていた従来の価値観と将来像が大きな転機を迎えています。そのフロントランナーが私たちの暮らす東北です。人口減、少子高齢化、産業の空洞化、中心市街地のシャッター街化、限界集落の顕在化など枚挙にいとまがありません。これらの問題に世界で最初に取り組む機会を与えられたのが我々東北の青年経済人です。

 グローバル経済での競争力強化が国の重要施策とはいっても、全国のYEGメンバーの多くが関わるローカル経済は我が国GDPの70%を占めており、地域経済のみならず日本の経済にとって大きな存在です、そしてそのことが私たちYEGの誇りであり、存在意義であります。

 本大会を大曲YEGが主管するにあたり、私たちYEGが企業と地域社会の次代を担うために、自身のビジネスや地域経済を発展させる研鑽の場といたします。

 東北が置かれている状況を俯瞰しながら理解し、「それぞれ自分たちのビジネスや地域に必要なものは何か」に気付くことができる事業を行います。そしてYEGメンバーのみならず、地域に連なる人々と共有し、それぞれの地域を築いていく原動力にしていただける内容にいたします。

 

① YEGメンバーを支える家族と共に参加できるブロック大会

  私たちがビジネスやYEG活動を成功させるためには自社の社員・家族の理解とサポートが不可欠です。社員や家族と思いを共有できなければ、地域の人々と思いを共有する事はできません。今大会では私たちYEGメンバーが自分たちの活動を通じて、自分たちの思いを家族に伝え、YEG活動への理解を深めてもらえる分科会を用意します。そのためにYEGメンバーの家族登録を可能にし、家族ともども楽しめる企画内容を計画します。そして地域の人々に気付いてもらい、理解と共感をいただける場にします。

 

②  YEGメンバーの交流を深め、絆を広げるブロック大会

  ブロック大会は東北全域から志を同じくするかけがいのないYEGメンバーが一堂に会する貴重な機会です。親しい仲間との語らい、初めて出会う方との親交はブロック大会の大切な意義です。そこで築かれたネッットワークはYEGだけではなく、地期間の交流人口の増加、活性化に資すると思います。大曲の花火が開催された会場の一部を大懇親会場として大曲YEGのおもてなし精神により、多くの絆を育み楽しんでいただける交流の場をつくります。

 

 平成最後の記念すべきブロック大会、開催にあたり日本YEG、東北ブロックYEG、そして秋田県連、県内各単会の皆様と共に、大曲YEG一丸となって成功に向けて取り組みます。

 

5. 主催

  東北ブロック商工会議所青年部連合会/日本商工会議所青年部

 

6. 主管

  大曲商工会議所青年部/秋田県商工会議所青年部連合会

 

7. 後援(予定)

  経済産業省東北経済産業局/秋田県/大仙市/東北六県商工会議所連合会

  秋田県商工会議所連合会/秋田県内商工会議所/大曲商工会議所

 

8. 来賓(予定)

  経済産業省東北経済産業局長/秋田県知事/大仙市長

  東北六県商工会議所連合会長/秋田県商工会議所連合会長/他関係団体長